注目のキーワード
子供の家

モンテッソーリ教育は社会人にも応用可能か?──原宿子供の家&すみれが丘子供の家(後編)
2018年06月27日

5領域(日常生活・感覚・数・言語・文化)ごとに存在する教具、自由時間、異年齢保育──。前編では、モンテッソーリ教育に不可欠な「環境的因子」の側面から、その効能を探ってみた。ここにもう1つ欠かせない因子があるとすれば、それは「人」──すなわち「教師」(=介助者)の存在だ。

子どもの自主性・協調性・社会性を育むモンテッソーリ教育において、教師はいかなる存在であるべきか。さらに、その考え方を社会人にも応用した場合に、社会人教育の介助者はいかなる存在であるべきなのか。

後編では「モンテッソーリ原宿子供の家」「モンテッソーリすみれが丘子供の家」のモンテッソーリ教員で、書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリ・メソッド』の著者でもある堀田はるなさんの話をもとに、その可能性をつまびらかにしていきたい。

続きを読む
モンテッソーリ教育に学ぶ、挑戦する心の育み方──原宿子供の家&すみれが丘子供の家(前編)
2018年06月27日

私たちにとっての「学び」は学生時代までに終えるものではないはずだ。学びは生涯にわたって寄り添ってくれるものであり、「何かの学びをはじめよう」「学びを続けてみよう」とする「挑戦する心」の醸成は、あらゆるコミュニティーでこれからいっそう求められていくだろう。しかし歳を重ねるにつれ、それは容易ではなくなっていく。「挑戦する心」を育むには、どうしたらよいだろうか……。

そのヒントになり得るのが、モンテッソーリ教育だ。Google創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンがモンテッソーリ・スクールの出身者であることはつとに有名だが、近頃では棋士・藤井聡太七段が幼児期にモンテッソーリ教育を受けていたことで再び話題になっている。

「子どもには元来、自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」を重んじ、「生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことを目的としたモンテッソーリ教育。モンテッソーリ教育施設の現場(前編)、そしてモンテッソーリ教員・堀田はるなさん(後編)への取材から「挑戦する心の育み方」を考えていきたい。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ