注目のキーワード
持続可能性

地域への権限委譲と、市民起点のまちづくりが拡げる可能性 ――島根県雲南市の地域自主組織(後編)
地域への権限委譲と、市民起点のまちづくりが拡げる可能性 ──島根県雲南市の地域自主組織(後編)
2016年11月21日

住民が主体的に地域課題解決に取り組む「地域自主組織」。雲南市の発足以降、2005〜07年にかけて、市内全域に次々と立ち上げられ、2008年11月に施行した雲南市まちづくり基本条例のなかでも「協働のまちづくり」という基本姿勢が示された。基本条例の前文には「まちづくりの原点は、主役である市民が、自らの責任により、主体的に関わること」と明記されている。「協働のまちづくり」は住民・行政にどんな効果をもたらしたのか。雲南市の地域自主組織、後編をお届けする。

続きを読む
持続可能な地域経済をかなえる、自治会・町内会のあり方とは? ――島根県雲南市の地域自主組織(前編)
持続可能な地域経済をかなえる、自治会・町内会のあり方とは? ──島根県雲南市の地域自主組織(前編)
2016年11月21日

人口減少&少子高齢化が進むなか、戦後の地域コミュニティーを支えてきた自治会・町内会のあり方が問われている。都市部を中心に地縁が希薄化し、若者の加入率も低下しつつあるからだ。そこで注目を集めているのが、「地域自主組織」という自治会・町内会を活用した新しいまちづくりの手法だ。人口減少時代の切り札として、最近ではNHKにも取り上げられたこの取り組みによって、住民の課題はどのように解決されるのか。また、行政の役割はどのように変化しているのか。2004年の町村合併当初からいち早く導入、運用を進めてきた島根県雲南市を訪ねた。

続きを読む
地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集” とは? ──イベントレポート(後編)
2015年01月29日

地域が持つ資源である“情報”を組み合わせ、新しい魅力を発見するための活動を行う3名の登壇者たち。東北、四国、北海道でそれぞれ行っている活動はどんな情報をどのようにつなぎ合わせ、生活者に伝えているのかを探る「地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集”とは?」。登壇者が実践する魅力的な地域プロジェクトを紹介した前編に続き、後編はモデレーターの原田さんが提示するフレームワークをもとに、参加者と登壇者が活動を加速するためのヒントを共有します。

続きを読む
地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集” とは? ──イベントレポート(前編)
2015年01月28日

あしたのコミュニティーラボではこれまで地域が抱える課題に挑む、先進的な取り組みを紹介してきました。その先進的な活動を行う実践者たちは、誰にどのようなメッセージを伝えているのでしょうか。今回登壇いただいたのは、地域ならではの資産を活かすことで地域を元気にしようする3人で、情報を形にして発信する、「編集」という行為が活動に大きく関連しているのが共通点です。活動において“地域”からどんな情報を得、それを伝えているのか。ほかの地域での活動にも展開できるであろう、“編集方法”と問題意識を共有しました。前編は実践者たちが現在行っている活動と、その背景について説明します。

続きを読む
Green Hackathon Tokyo優勝レポート
2014年12月18日

あしたのコミュニティーラボ編集部の加嶋です。ふだんの業務ではネットワーク機器のソフトウェアを書いたり、ネットワークシステムの設計をしたりしています。このたび、10月末に開催された自然環境×ITのハッカソンイベント『Green Hackathon Tokyo』にて最優秀賞を受賞しましたので、その模様をレポートしたいと思います。(画像提供:グリーンハッカソン実行委員会) Green Hackathon…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ