注目のキーワード
水産業

水産流通の再構築による「日常のなかのおいしさの体験」とは? フーディソンがつくる“食の感動”(後編)
2018年04月12日

小売店での失敗、飲食店向け卸売りへのシフトチェンジ、そして仕入れ先のデータベース化……。いくつかのプロセスを踏んだ末、飲食店向け鮮魚仕入れシステム「魚ポチ」が誕生した。同サービスは1,500種類から「次の日に使いたい鮮魚」を注文できるECサービスだが、株式会社フーディソン代表取締役CEO・山本徹さんは「なにもITありきで考えているわけではない」と強調する。「すべてを置き換えるのは難しい」と言われる水産流通にITを組み込む上で見据えるべきポイントとは? 後編をお届けする。(TOP画像提供:株式会社フーディソン)

続きを読む
日本の水産業にエコシステムを築く フーディソンがつくる“食の感動”(前編)
2018年04月12日

日本近海で漁獲される魚は3,000~4,000種といわれている。多種多様であるにも関わらず、ふだんの食生活で口にする魚は、アジ、イワシ、サンマ……と限定されたものばかりではないだろうか。それは定番魚と言われる魚が、大量かつ安価に水産流通網に乗りやすいことが一因となっている。「世界の食をもっと楽しく」、そんなミッションを掲げる株式会社フーディソンは水産流通プラットフォームの再構築を図るべく、さまざまな施策に乗り出している。

その1つが飲食店向け鮮魚仕入れシステム「魚ポチ」。まったく異業種から参入した株式会社フーディソン代表取締役CEO・山本徹さんは、1人のサンマ漁師との出会いから水産業の世界へ飛び込むことになった。フーディソンが取り組む、水産業のエコシステム構築のヒントとは? 前後編でお伝えする。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ