注目のキーワード
濱松誠

組織を変える対話には「覚悟」が必要?──埼玉大学大学院・宇田川元一准教授×One JAPAN代表・濱松誠さん(後編)
2018年09月14日

ナラティヴな対話の実践を経て、変革期を迎えつつあるOne JAPAN。One JAPAN代表・濱松誠さんは、メンバーとの「対話」により、One JAPANを「弱さを語れるコミュニティー」へと激変させ、埼玉大学大学院・宇田川元一准教授は「メンバーのOne JAPANとの関わり方が変わっていった」と評価する。では、それと同様のアプローチは会社組織でも展開は可能なのか。引き続き、濱松さんと宇田川さんの対談から探っていこう。

続きを読む
対話促進型のアプローチによって生み出される組織の活力──埼玉大学大学院・宇田川元一准教授×One JAPAN代表・濱松誠さん(前編)
2018年09月14日

あしたのコミュニティーラボが2015年秋に取材した「One Panasonic」の活動は、大企業の若手有志団体のコミュニティー「One JAPAN」へと発展した。One JAPANでは各企業の有志団体を集め「共創」していくことを大きな目的に置いている。

そんなOne JAPANで代表を務める濱松誠さんは、その目的を実現するために自身および幹部メンバーの所作として「対話を促進するアプローチ」をとるようになったという。対話を促進するアプローチとは何か? 濱松さんの言うそのようなアプローチは、近年学術界で「ナラティヴ・アプローチ」としても注目されつつあり、「組織の枠組みではやりたいことがやれない」「会社で働くのは息苦しい」など、組織に課題を感じる社員の課題解決の手法としても期待されている。

コミュニティー・組織における「対話を促進するアプローチ」の効果とは? 濱松さんと、ナラティヴ・アプローチの組織論に詳しい埼玉大学大学院・宇田川元一准教授対談から探ってみよう。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ