注目のキーワード
社会課題解決

社会課題をもっと身近なものにするために──リディラバ「R-SIC2015」潜入(後編)
2016年03月02日

社会課題は多くの人にとっては遠い存在。2009年、「社会の無関心を打破する」を理念に立ち上げられたのが一般社団法人リディラバだ。代表の安部敏樹さんは、これまで参加した起業家コンテストでは輝かしい実績を残し、大学1年から5年間、毎年2カ月間マグロ漁も経験するなど、若くしてさまざまなステージに立った経験豊富な人物。安部さんがR-SIC、ひいてはリディラバで実現したい未来とはどんな景色なのか。全2回の後編。

続きを読む
ソーシャルビジネスは現場体験からはじまる──リディラバ「R-SIC2015」潜入(前編)
2016年03月02日

社会課題を事業として解決するのが、あたりまえの世のなかに──。そんな目的を掲げる一般社団法人リディラバ主催の「R-SIC」(Ridilover-Social Issue Conference)というカンファレンスがある。2015年度のR-SICは2016年1月、つくばで開催された。社会課題解決の現場で活動する当事者の話を聞き、参加者とともに現在と理想のギャップを洗い出すスタディツアーや、課題解決に向けて日々チャレンジするパイオニアたちのセッションなどのプログラムが準備されていた。濃密な時間を過ごす2日間、課題当事者とカンファレンス参加者はどんな気づきを得て、どんなアクションを促されたのか。前後編に分けてお届けする。

続きを読む
「与えられる学び」からイノベーションは生まれない!──ソーシャルデザイナー太刀川瑛弼さんと考える超未来の大学
2016年02月15日

学生と社会人の新しい学びを考える共創プロジェクト「あしたラボUNIVERSITY」では、2/18(木)-19日(金)の2日にわたって、“常識を覆せ、わたしの考えるみらいの大学”をテーマにアイデアソン「大ガッコソン!」を実施します。未来の大学を考えるうえで、“大学そのもの”にとらわれるのではなく、ソーシャルデザインの視点から考えると、どんな未来が見えてくるでしょうか。過去、あしたラボのインタビューで「デザインを通じた世のなかの課題解決」について語っていただいたデザイナーの太刀川瑛弼さんに、“超未来の大学像”というテーマで再び話を伺いにいきました。

続きを読む
活かせるスキルを軸に、捨てる学びを。 ──東大 中原淳准教授インタビュー(後編)
2015年06月08日

「大人の学びを科学する」をテーマにさまざまな企業でヒアリングやフィールドワーク、研修の監修などを行う中原淳さん。研修も、複数の業種にまたがるものから、社内での取り組みなどもある。後編では、組織内での学びやそこにおける1人ひとりのキャリアについて、中原さんと考えていく。

続きを読む
“自分はこれでいいのか”「学び」はそこからはじまる ──東大 中原淳准教授インタビュー(前編)
2015年06月05日

社内での新人研修やリーダー研修、社外での体験学習だけでなく、最近ではオンラインでのオープンエデュケーション、アイデアソン、ハッカソンなど、社会人のための学びの機会は多様化している。だが、そうした場での経験を日々の仕事に活かし、役立つものとするための学びとは何だろうか。企業や組織における学習のあり方を研究し、マネージャー研修などに豊富な実績を持つ中原淳さんに伺った。

続きを読む
社会人の“これからの学び”を最新潮流から考える ──イベントレポート(3)
2015年05月21日

社会人が環境の変化に対応するための学びのあり方を考える今回のイベント。学びのプロフェッショナルによるプレゼンテーションから最新の学びの潮流を追った前半に続き、後半では自らの学びを問い直し、これからの学びについて登壇者と参加者全員で考えていきます。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ