注目のキーワード
織田友理子

織田さんアイキャッチ
“ハード”と“ハート”のバリアフリーで、超福祉社会の実現をめざす——WheeLog!開発者・織田友理子さんインタビュー
2020年04月17日

織田友理子さんは、大学在学中の2002年、22歳のときに進行性の筋疾患「縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー」(GNEミオパチー)の診断を受けた。06年からは車椅子生活となり、08年には遠位型ミオパチーの患者会・PADM(パダム)を発足。以降は障害当事者によるバリアフリー動画情報サイト「車椅子ウォーカー」の立ち上げるほか、車椅子生活者たちのユーザー投稿型スマホアプリ「WheeLog!」(ウィーログ)をローンチするなど活動の幅を拡げている。19年9月には、あしたのコミュニティーラボでも追いかけてきた「超福祉展」(正式名称「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」)のシンポジウムにも登壇した。障害当事者が考える“本当のバリアフリー”とは? 織田さんにお話を伺った。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2020 あしたのコミュニティーラボ