注目のキーワード
FabLab

新しい文化を社会へ広げていくためには? FabLab Setagaya 1st Anniversary Meetup ! から見えた「ファブ」の未来
2018年03月05日

あしたのコミュニティーラボ編集部の山本寛人です。突然ですが、みなさん、FabLab(以下、ファブラボ)というものづくりスペースを知っていますか? ファブラボは3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機器を使い、個人が自由な発想でものづくりに取り組む実験工房のことです。

ものづくりが企業のなかに閉じられることなく、広く世界に開かれ、誰もがものづくりをして多様なアイデアが世界に形になって現れる世界を体現する場、ファブラボ。しかし、一般の人々にとってはまだまだ足の遠い場所なのかもしれません。

今回、「FabLab Setagaya 1st Anniversary Meetup !」という、ファブラボ世田谷の一周年記念イベントの取材を通じて、ファブラボという1つの新しい文化が社会に開かれていく際に必要な3つのポイントを考えました。ファブラボを多面的に分析した各セッションの振り返りを通じてお伝えしたいと思います。

続きを読む
ものづくりの楽しさを地域に広げる ──移動型ファブラボ「FabFes」
2013年08月22日

8月4日、福島県の小学校で「FabFes」が開催された。デジタル工作機器を使ったものづくりに子どもたちがチャレンジするワークショップで、いうなれば“移動型ファブラボ”だ。タブレットで自分の好きな絵を描き、デジタルミシンで刺しゅう。新しいかたちのものづくりを、子どもたちはどう楽しんだのだろうか。

続きを読む
【日本ファブラボ会議2013】イベント終了しました:8/30(金)東京・六本木で「Fabの未来」を語ろう
2013年08月13日

社会に広がるFabから、どんな未来が生まれるのだろう。 8月30日(金)、「あしたのコミュニティーラボ」では、FabLab Japan Networkとの共催により、「日本ファブラボ会議2013」を開催いたします。 世界ファブラボ会議(FAB9)が日本で開催され、国内の各地に次々と施設がオープンするなど、Fab(パーソナルファブリケーション)を実践する「場」としての〈ファブラボ〉。そして、これまで…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ