注目のキーワード
VR

【イベントレポート】「自分」を発見する! パーソナル化していくテクノロジーから生まれるものとは?
2019年04月10日

近年では“IoT”ならぬ“IoB”(=Internet of Bodies)や“IoE”(=Internet of Everything)という言葉も注目されるほど、あらゆるものがオンラインに繋がっています。生体センサーの普及により、自分の身体にまつわるさまざまな情報が収集・記録され、これまで以上に細かなデータを扱えるようになった結果、パーソナルな領域にまでテクノロジーの応用範囲は広がりつつあります。全体最適の発想で世界を席巻するようなテクノロジーではなく、これまでとは異なるごく個人的な視点のサービスやプロダクトが世の中にもっと生み出されていくかもしれません。2019年3月18日、東京・六本木の「EQ HOUSE」で開催されたあしたラボ主催のイベントでは、そんな先駆的活動の実践者3名をゲストとしてお招きし、参加者とともに「パーソナル化していくテクノロジー」について考えました。当日の模様をお伝えします。

続きを読む
障がいのない社会実現のために、私たちがすべきこと──「超福祉展2018」自閉症VR体験ワークショップより
2018年12月26日

あしたのコミュニティーラボ編集部の杉妻謙(すぎのめ・けん)です。今秋(2018年)も11月7〜13日の会期で「超福祉展」が開催されました。あしたラボでは16年、超福祉展の主催者であるNPO法人ピープルデザイン研究所の須藤シンジさんのインタビューを掲載。17年には『「超福祉展2016」の展示から考える』と銘打った関係者座談会を、18年には超福祉展の出展者であるシブヤフォント(『フォントが「ちがいをちからに変える」原動力になるには』)を取材しました。4回目となる今回、私は講師としてワークショップ「超福祉の学校」に参加。現場から当日の模様をお伝えいたします。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ